霞ヶ関を変えたいと思っているのは、学者でも評論家でもなく、霞ヶ関で働く私たちです。 1 霞ヶ関を変えたいと思っているのは、学者でも評論家でもなく、霞ヶ関で働く私たちです。 2 同じ志を持つ者として、民間からも知恵を出し、現在の閉塞感を打破していきたい。 1 霞ヶ関が変わる、日本が変わる。 1 霞ヶ関が変わる、日本が変わる。 2 私たち若手が訴える霞ヶ関改革を、より多くの方に知っていただきたい。 2 私たち若手が訴える霞ヶ関改革を、より多くの方に知っていただきたい。 3

INFORMATION  最新インフォメーション

2022.1.152月末まで大募集中⭐️ 霞が関の働き方や組織改革の好事例、教えてください

プロジェクトK(新しい霞が関を創る若手の会)では、2022年2月28日まで、霞が関の働き方や組織改革の最新事例を集めています。

※春には好事例を顕彰するピッチイベント「意外と変われる霞ヶ関(仮)」も企画中。

霞が関で働く仲間同士で「実はこんな良い動きあるよ!」とポジティブにシェアし「褒めて変える文化」を広げませんか?

下記フォームから、是非ご投稿ください!

自薦、他薦ともに歓迎。

https://docs.google.com/forms/d/1KKNZY80klTx1Jp-UCNFnmN20I50zrBaf3AnzyohbDsc/edit

取り組みの例》

🔹人材の流動化(リボルビングドア、ダイバーシティ、民間出向、民間研修など)

🔹組織改革(評価制度など)

🔹業務改革(デジタル化やオフィス改革など)

入力内容を公表する場合は集計や取り組みのリストのみとし、個人情報は一切公開致しません。

複数案件を投稿いただく場合、お手数ですがその個数分の入力をお願い致します。

2021.5.124月29日(木・祝)プロジェクトKオンラインイベント「ノリはゆるく。志は高く。霞が関をどうしたらいいか考える検討会」を実施!

今回も前回に引き続きオンラインにてイベントを開催しました!
今回は夜遅い時間にも関わらず、現役官僚中心に合計22名が集まり、プロジェクトKで検討している提言案を当日ご紹介しつつ、それをもとにしたグループディスカッションを行い、参加者たちが霞が関についての思いや悩みを共有し、自分たちで何を変えていけるかを考えました。非常に盛り上がり、新しい霞が関への改革への出発となる素晴らしい会となりました。
プロジェクトKでは、今回のイベントでの議論も踏まえて、提言をブラッシュアップしていき、6月ごろに公表を予定しておりますので、是非ご期待ください!!

2021.4.132021年4月29日(木・祝)プロジェクトK「ノリはゆるく。志は高く。霞が関をどうしたらいいか考える検討会」のご案内

【ノリはゆるく。志は高く。霞が関をどうしたらいいか考える検討会】
自分たちで霞が関を立て直していきたい、そんな霞が関の若手中堅職員を中心にしたチーム主催でワークショップを4/29(木・祝)夜に開催します!
霞が関にいる皆さんなら体感しているように、日本・世界の情勢は刻一刻と変わっており、社会も複層化・複雑化していく中、私たち国家公務員の貢献できる・貢献すべきフィールドも広くなってきています。一方で、古くから残る諸々の”ルール”などもあり、本来すべきことになかなか踏み出せない職場の状況があるのも事実。
もっと本質的に社会の課題解決に貢献していきたい!でもそんな余裕も無い…そういった想いを持った人はたくさんいます。
今回、プロジェクトKで検討している提言案を当日ご紹介します。そういった皆さんの想いや悩みを共有し、自分たちで何を変えていけるかを考え、新たな一歩を踏み出す機会にするためのワークショップです。(当日の議論を踏まえて、提言をブラッシュアップしていきます!)
霞が関の中にいる自分たちだからこその霞ヶ関を作り上げる一歩を一緒に踏み出しませんか?
【イベントの開催概要】
〇日時:2021年4月29日(木・祝)21:00-23:00
〇場所:オンライン(Zoom)
〇対象者:中堅・若手の現役国家公務員
〇参加費:無料
〇主催:プロジェクトK
〇協力:若手が考えるミライの霞が関プロジェクト
〇参加方法:以下の登録フォームよりご登録ください
 ※締切 2021年4月27日(火)
〇当日のプログラム
  1. イントロダクション:プロジェクトKの提言案のご紹介など
  2. グループワーク:テーマ別に少人数で自分たちの想いや悩みを共有し、自分たちで何ができるかを考えていきます。(省庁のビジョン・ミッション等の明確化、国家公務員のパフォーマンスを最大化するための人事・仕組み・の最適化、霞が関のデジタル化、意味のある政策評価、等。それ以外も含め、エントリーフォームから関心の高いテーマを決定。)
  3. クロージング

2019.10.292019年12月1日(日)プロジェクトK「新歓イベント」のご案内

【新歓イベントのご案内】
12/1(日)に毎年恒例のプロジェクトK「新歓イベント」を行います♪
今年は霞ヶ関SIMの皆さまのご協力をいただき、大変面白いコンテンツを用意しました♪♪

5人程度でチームを作り、それぞれが国交大臣や経産大臣など大臣職を割り当てられ、予算を与えられ、予算をうまく適正配分しながら政策を考えるというシミュレーションゲームです。

特に、日々目の前の業務に追われてる国家公務員のみなさま、官庁訪問した頃の初心に戻ってゲームに参加しましょう!
みなさまお誘い合わせの上ご参加ください!

★新歓イベント★
日 時: 2019年12月1日(日)14時〜18時
場 所: 東京都新宿区新宿1-23-5 サンサーラ御苑204
https://www.spacee.jp/listings/11994?date=20191201&hours=5&listing_search_log_id=21524500&neighborhood=%E6%96%B0%E5%AE%BF&neighborhood_word=%E6%96%B0%E5%AE%BF&order=price&party_min=15&time=13%3A00

参加費:1,000円程度(予定)
プログラム:
①プロジェクトKの紹介
②新・提言案の紹介
③霞ヶ関SIM
参加申し込み:下記URLに登録ください!
プロジェクトK新歓イベント申込フォーム

懇親会も18時半〜会議室付近で開催予定です♪
懇親会からの参加もオッケーです!

よろしくお願いします!!

※霞ヶ関SIMについての公開情報はまだないのですが、先に立ち上がっている地方版SIMを紹介した記事がいくつかありましたのでご参考までに。これらの霞ヶ関版と思って下さいませ。

「幹部に成り切り予算編成 まちづくりゲーム体験記」
https://www.jiji.com/sp/v4?id=201606simchiba0001

「町を作るシムシティよりガチ 課題に挑め 自治体運営ゲーム」
https://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/popress/feature/CK2017062502000234.html

2019.1.31第21回架け橋企画(2月25日(月)) 「国会改革×霞が関改革」パネルトーク 開催のお知らせ

「国会改革×霞が関改革」パネルトーク
~日本の未来のために本当に必要な国会×霞が関の改革を議論しよう~

平成最後の国会が開会しました。テレビでよく見るような与野党の水掛け論ではなく、言論の府として、国会の活性化による議論の充実を、私たち国民は真に願っていると思います。今回は、今まさに、そのための国会改革をリードしている中堅・若手の現職国会議員に、与野党の立場を超えてゲストとしてご参加いただきます。
そして、幹部の汚職をはじめとして様々な問題が噴出した霞が関。この改革も待ったなしです。現役の若手官僚から構成されるプロジェクトKメンバーも登壇し、ゲストと一緒になって、本当に必要な国会や霞が関の改革について、熱く語ります。
当日は、会場参加者の皆さんからもご質問やご意見を効率よく頂戴しながら、会場全体で進行を進める予定です。一緒に日本の未来を考え、議論しませんか。ご来場お待ちしています!

日時: 2019年2月25日(月)19時~21時

場所:〒102-8282 東京都千代田区紀尾井町1-3
東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井タワー17階(18階経由でのご案内)「Yahoo LODGE」
https://yahoo.jp/JXjEDc
※赤坂見附駅が最寄り駅になります。

次第
開会挨拶:プロジェクトK代表 池田真(国土交通省((株)JOIN出向中))








パネルトーク「国会改革×霞ヶ関改革」:(ゲスト・登壇者 確定順)
・小林史明 衆議院議員(自由民主党行革本部事務局長/元総務省政務官)
・泉 健太 衆議院議員(国民民主党政調会長/国会改革小委員長/元内閣府政務官)
・村井英樹 衆議院議員(自由民主党/元内閣府政務官/元財務官僚)
・道下大樹 衆議院議員(立憲民主党)
・中村隆之 プロジェクトK副代表(文部科学省)
・福嶋慶三 プロジェクトK理事(環境省(JESCO出向中))
・紺野春菜 プロジェクトKメンバー(経済産業省)

モデレーター:朝比奈一郎(青山社中代表/元経産省/プロジェクトK初代代表)
       栫井誠一郎(Publink代表取締役/元経産省/プロジェクトKメンバー)

定員:150名

参加費:無料

全体進行係:政策分析ネットワーク事務局長 田幸大輔
     (官民連携・社会課題研究センター長)

主催:プロジェクトK(新しい霞が関を創る若手の会)
   政策分析ネットワーク
   青山社中株式会社
※3団体コラボレーション企画

申し込み方法 下記メールにて受付いたします。

【ご留意事項:新会場での開催について】
○入館登録手続きが必要となりますので、必ず、下記の参加申込フォームに必要事項をご記入の上、事務局(takoh@r3.dion.ne.jp)にメールして下さい。
○シンポジウム開始1時間後に、受付を終了致します。
(20:00以降は入室出来ません)
(シンポジウム開催中の途中退出は可能です)

===============================================
【国会改革×霞が関改革】パネルトーク
~日本の未来のために本当に必要な国会×霞が関の改革を議論しよう~
(参加申込送信先:takoh@r3.dion.ne.jp

ご氏名:
ご所属:
ご役職:
E-mail:

===============================================

(会場受付にて、お名刺を1枚ご用意下さい)
(会場受付にて、「入館カード」をお渡し致します)

【重要情報:当日の入館方法】
(1)紀尾井タワー2階 ヤフー株式会社の受付より、エレベーターにて、18階にお上がり下さい。
(ご注意下さい:受付は20時00分で終了となります)
↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
(2)18階にてスタッフがお待ちしております。
↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
(3)17階の開催会場に、ご案内をさせて頂きます。
===============================================

主催団体ご紹介:
・新しい霞ヶ関を創る若手の会「プロジェクトK」(http://projectk.jp/
内から改革を!霞が関の各省で働く現役若手官僚の有志による行動の会。発足は2003年。以来、世代交代をしながら、霞が関に必要な改革について研究や提案を行っている。過去に問題意識の詰まった3冊の著作(「霞が関構造改革プロジェクトK」「霞が関維新」「霞が関から日本を変える!」)がある。

・政策分析ネットワーク(官民連携・社会課題研究センター)
https://www.facebook.com/daisuke.takoh
「立法・行政(中央省庁/地方自治体)・民間企業・大学・シンクタンク・マスコミ・NPO/NGO・有識者」などの政策関係者による、様々な政策課題(社会課題)について、「政策議論(建設的な官民政策対話)」と「官民人的交流」の促進を図るための、「官民連携型:政策プラットフォーム」です(登録メンバー:17678名)設立:1999年4月 代表:東京大学名誉教授 伊藤元重

・青山社中(http://aoyamashachu.com/
日本を「世界に誇れ、世界で戦える」国にするためには、①日本のあるべき姿を実現するための政策、②社会のあるべき姿を深く考えリスクを取った決断ができるリーダー、③世界を相手に戦う活力のある組織、の3つが必要。これらを横断的に解決するのが世直し法人「青山社中」です!

チラシ

お知らせ一覧へ

ページの先頭へ